こだわり秘伝製法の「かわ焼き」が美味しい焼き鳥屋さん – 博多かわ屋 名駅店

 

こんにちは、迷駅ぼうやです。
今回は焼き鳥屋さん、「博多かわ屋 名駅店」へ行ってきました!

 

笹島交差点から歩いて1分(くらい)

場所は、笹島交差点から東へ200メートルくらいの広小路通沿い(南側)です。

まだ明るい時間に居酒屋(焼き鳥)さんに入るのは久しぶり(^^♪

 

入口の前では、しっかり「かわ焼き中」をアピールしていましたよ。

 

時間が18時前(17:45頃)と早かったので、まだ割と空いていました。
予約はしてませんでしたが、待たずに入れましたよ。
けど、「混んできたら2時間までです」と言われてしまいました。

 

おすすめは何と言っても名代「かわ焼き」

早速ドリンクを注文!
生ビール(モルツ樽生/560円+税)はジョッキもよく冷えていて、見るからに美味そうです(^^♪
しかしお通しのキャベツは、これが何と400円って。。。(メニューの右下のほうに小さな文字で書いてありました。ちょっと高いけど、仕方ないですね)

 

メニューを見ながら、食べ物の注文を何にしよっかな~ と悩みます。
何はともあれ外せないのは、名代「かわ焼き」(1本170円+税)でしょう!

 

出てきた「かわ焼き」がコレ(↑)です!

 

すかさず口の中へ。
外はパリッと香ばしい~ この歯ごたえはタマラナイですね。
中は、柔らかでした。
噂どおり、鳥皮の概念を覆す逸品と呼べるかも。
仕込みには、なんと6日間もかかるそうです。

 

かわ焼き以外のメニューも、もちろん旨いっ

続いての注文は、「ぼんじり」(1本160円+税)です。

 

そして「玉ねぎ」(1本150円+税)。

 

こちらは、「ナンコツ」(1本160円+税)です。

 

これは、「とり身」(1本160円+税)といいます。
脂が適度にある、もも身が使用されています。

 

生ビールを飲み終えて、おかわりは「知多ハイボール」(560円+税)にしました。
これは初めて飲みましたが、すっきりと飲みやすかったです。

 

美味しい看板商品が再び恋しくなり、「かわ焼き」を2度目の注文。
やめられない美味しさです。

 

こちらは、「博多屋台名物焼きラーメン」(720円+税)。
見た目は焼きそば?っぽいですが、茹でたラーメンをスープと絡めて焼いた料理でした。
なかなか美味しかったです。

 

店に入ってから1時間以上が経ち19時前になると、店内は満席になっていました。

 

シメはこれ、「塩むすび」(350円+税)にしました。
やっぱり最後は素朴な味がいいですね。

 

おにぎりが最後のつもりでいたら、お勘定を頼むと「鶏白湯スープ」が出てきましたよ。

 

まとめ

料金が、焼き鳥にしては少し高いなぁ… と感じてしまいました。
貧乏くさくて、すみません。
「かわ焼き」が1本170円(税別)は仕方ないとしても、他の串も1本あたり160円(税別)と焼き鳥にしては結構いいお値段です。

ですが、看板メニューの「かわ焼き」は本当に美味しかったです。
普通の焼き鳥屋さんの「鶏皮」とは全くの別モノですので、試してみる価値あり!
クセになるかも、です。
まだ行ったことがない方は、是非一度、足を運んでみてください。

 

店舗情報♪

店名 博多かわ屋 名駅店
住所 〒450-0003
名古屋市中村区名駅南1-17-26

営業時間 17:00~24:00
定休日 年中無休
禁煙・喫煙 全席喫煙可

※注)文中に記載しているメニューの価格は2018年7月現在の金額です。

 

博多かわ屋 名駅店焼き鳥 / 近鉄名古屋駅名鉄名古屋駅国際センター駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です