突然の雨降りも安心!誰でも利用できる無料の貸し傘

 

こんにちは、迷駅ぼうやです。
突然の雨降り、でも傘を持っていない!という時もありますよね。

そんなとき「とても助かる~」という無料の貸し傘が、名駅にはあります。

 

 

地下鉄の駅構内で、無料で借りられる傘

名古屋市交通局の地下鉄駅構内には、急に雨が降ってきた時など傘を持っていない人が無料で借りることのできる「貸し傘」が設置されています。

 

  • 友愛の傘
  • 和やかさんの名古屋傘

 

これらのことを、聞いたことがありますか?

 

 

友愛の傘

名古屋地下鉄地下街連合会により寄贈されている傘が、「友愛の傘」です。

 

東山線(北改札内)

東山線の北改札(改札内)にある、待ち合わせ用ベンチの近くに設置されていました。

 

急な雨降りで、もし傘を持っていなければ、ここから1本ご自由に持って行ってかまいません。
地下鉄の他の駅に返すこともできますし、後日改めての返却もOKです。

 

桜通線(西中改札内)

桜通線の西中改札(改札内)にも、設置されています。
この日は、自動改札機の右横あたりに置いてありました。

 

この日、こちらは傘立てを埋め尽くすほどの本数は残っていませんでした。
予報に反して急に雨が降り出した日などは、傘立てが空っぽになっていることもあります。

 

 

和やかさんの名古屋傘

名古屋青年会議所から提供されているのが、「和やかさんの名古屋傘」です。

 

桜通線(東改札内)

桜通線の東改札(改札内)に、設置されています。
傘立ての形が、友愛の傘とは異なります。

 

以前はQRコードで「和やかさんの名古屋傘」に関する情報を見ることができたようです。
現在は、このQRコードやURLに直接アクセスしてみても、つながらないようです。

 

 

まとめ

突然の雨で傘を持っていないと、コンビニでビニール傘を買ってしまうということがあるかも知れません。
500円~1000円くらいとはいえ、予期せぬ出費はイタイですよね。

そんなとき「友愛の傘」や「和やかさんの名古屋傘」は、とても親切で便利、本当にありがたい存在です。

ところが、地元・名古屋を愛する人たちの善意で提供されているこの傘を、こまったときに借りるだけで、返さない人も多くいるらしく、ちょっとした社会問題にもなっています。

この便利な無料貸し傘システムを、いつまでも続けていってもらえるよう、借りた人は、使用後には責任を持って返却しましょう!

 

※「友愛の傘」「和やかさんの名古屋傘」とも、設置場所などは2018年9月現在の情報となります。場所が移転されたり、当日の天候や返却状況により傘がない場合もありますので、最新の情報は駅で各自ご確認ください。

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です